総合

2019.2.2

2019年からの新ルール 知らなきゃ損かも?Part1

2019年 ゴルフのルールが大幅に改正されました。

改正の特徴として、プレーの進行を早めるためのルールが多く見受けられます。

中でもスコアに結びつきやすそうなルールをいくつかご紹介します。

 

ホールに旗竿を立てたままプレーできる

プロ選手にもピンを抜かずに下りのロングパットを打つ場面あり、PGAツアーによれば、今後もピンを挿したままパットする選手が増える可能性があるそうです。

 

バンカー内の球に関する新しいアンプレヤブルの選択肢

バンカーショットの苦手な人や非力な女性ゴルファーには朗報かもしれません。

2打罰でバンカーの後方からプレーできるようになります。

もう一度バンカーに入れないように頑張らないといけませんね。

2度打ちしても罰はなくなりました。

2018年までは2度打ちすると2打とカウントしていましたが、2度打ちしても1打とカウントするようになりました。このルールを知らずに2打とカウントしてしまわないように注意が必要です

距離計測器の使用

2019年から正式に認められました。

GPSタイプやレーザータイプ、さまざまな形の計測器が販売されていますが、これらの機器を使用することによって残り何ヤードかをかなり正確に知ることができるようになります。

スコアアップには欠かせないかも?

おすすめの計測器はコチラ

 

JGA Golf Journal Vol.103より一部抜粋
この記事をシェアしよう!!
ページトップへ