シャフトに関する豆知識

現在使用しているゴルフクラブは、あなたにぴったり合っていますか?
合わないクラブを使用しているのであれば、目標のスコアに到達するまでの期間は随分長くなります。

ボールがスライスする、まっすぐ飛ばない、芯に当たらないなどの悩みを抱えている方は、ゴルフリシャフトを行ってください。こちらでは、シャフトに関する豆知識についてご紹介します。
自分に最適なシャフト選びを行い、スコアアップを狙いましょう。

シャフトの種類

シャフトは大きく分けると「カーボン・シャフト」「スチール・シャフト」の2種類が主流です。
カーボン・シャフトは別名、グラファイト・シャフトとも呼ばれており、樹脂やセラミックファイバーで作られています。

軽量で打球した時の衝撃が緩和されやすい特徴を持っており、飛距離アップを求めている方におすすめです。
スチール・シャフトに関しては金属で作られています。カーボン・シャフトと比較すると重いですが、方向性が安定しやすいため、正確に打球をコントロールすることができます。

シャフトの重量

ゴルフクラブは、ヘッド・シャフト・グリップの3つで構成されています。
1番重いのはヘッドと想像する方が多いですが、実はクラブ構成の中で最も重いのはシャフト部分です。そのため、自分にぴったり合う重さのクラブを選ぶには、自分に合ったシャフトの重さを把握する必要があります。

中には、軽くて振りやすいという理由で、軽いシャフトを使用する方がいますが、重量が軽いと手打ちになる可能性が高く、スイングが不安定になりやすいです。一方、重いシャフトの場合、ボールに対する衝突力が大きくなるため、安定して飛ばすことができます。スイングを安定させるためにも、自分が振り切れる範囲で少し重いものを選ぶようにしましょう。

フレックスについて

フレックスとは「硬さ」のことを意味しています。洋服のサイズのようなもので、シャフトにもそれぞれフレックスが表示されています。柔らかい順からJ・L・A・R・RS・S…と、細かく記載されていますが、このフレックス表示には統一した基準がありません。

メーカーによって硬さの度合いが微妙に異なりますので、シャフトを選ぶ際はフレックス表示に惑わされず、自分に合ったものを選ぶことをおすすめします。

ゴルフリシャフトのご依頼がある方は当店にお任せください。当店では、お客様からも大変ご好評いただいているリシャフト(ゴルフシャフト交換)を行っています。使用中のクラブが自分に合っていないと、感じた時はゴルフリシャフトで飛距離アップを目指しましょう。

さらに、当店は大阪府豊中・バンコクにて少人数制の高品質なゴルフレッスンを提供しております。ご入会のご案内やスクールの料金、リシャフトのご予約に関してはサイト内に記載がございますので是非ご覧ください。

ページトップへ