ゴルフを安全に楽しんでいただくために

ゴルフは人気のあるスポーツですから、安全に楽しむにはいくつかのルールがあります。
こちらでは、ゴルフを安全に楽しんでいただくために、心がけたいことについてご紹介します。

ゴルフクラブの取り扱い方

まず、ゴルフクラブを使用する前にヘッドのひび割れやシャフト、グリップのゆるみなど各部に異常がないかチェックしてください。確認を怠ると、ケガの原因に繋がる恐れもありますので、忘れないようにしましょう。

また、ゴルフクラブを杖代わりに使用するのも絶対にいけません。重いものを乗せる、叩きつける、ぶら下がる、踏みつけるなどの行為も、クラブの破損に繋がりますので取り扱う際は注意してください。

消耗したグリップは早めに取り替える

グリップのひび割れやスリ減り、表面がツルツルになった時は早めに交換しましょう。
なぜなら、スイング中にクラブが手から滑り抜けると、人に当たる可能性があり大変危険です。
長年同じグリップを使用している、もしくは異常を感じた時は早めに取り替えることを心がけてください。

シャフトの折れ口には触れない

シャフトは衝撃によって傷つきやすいです。万が一破損した場合、切り傷や刺し傷を負う可能性がありますので、折れ口には絶対触れないよう注意してください。破損した箇所に関しては、応急処置として布やテープで保護し、早めに交換しましょう。

雷が鳴った時は早めに避難する

プレーの最中に雷が鳴った場合、持っているゴルフクラブを体から離してください。
スチールシャフトやカーボンシャフトは電気を通しやすいため、感電する危険性が高くなります。
特に、夏は天候が変わりやすく、落雷が発生しやすい時期になりますので、雷が鳴った時は早めに安全な場所へ避難することが大切です。

避難所が近くにない場合、4mを超える高いものがあればそこへ一時避難します。
高いものの真下でなく、その高さの半分くらいの距離まで離れ、頭をかかえてしゃがみこむようにします。その他にも、ゴルフに関する注意事項は様々あります。楽しく安全なゴルフライフを送るためにも、インストラクターの指示に従いながらルールをしっかり守りましょう。

当店は大阪府豊中市にある少人数制のゴルフスクールです。大阪空港本店・バンコクにスタジオを展開しており、各スタジオにはプロショップを備え、アイアンシャフトやウッドシャフト、アイアンヘッド、ウッドヘッド、三浦技研など様々なアイテムを販売しております。

ゴルフ関連商品販売以外に、リシャフトも行っていますので、お気軽にご利用ください。

ページトップへ