ゴルフに最適な服装について

ゴルフ場はもともと、貴族と呼ばれる上流階級の人々が集まる社交場でした。
そのような歴史的背景から、「ゴルフ=敷居が高い」というイメージもありますが、ゴルフウェアは特別に揃える必要はありません。ゴルフウェアを揃える際に大切なポイントは、清潔感と動きやすさです。
そこでこちらでは、ゴルフに最適な服装についてご紹介します。

帽子やサングラス

ゴルフは炎天下の中で行うアウトドアスポーツです。
インドアゴルフの場合、室内で行いますので必要ありませんが、屋外でプレーを行う時は必ず帽子を着用しましょう。特に、日差しの強い夏は、紫外線や熱中症予防にもなりますし、多少雨が降った時にも便利です。

また、遮光目的としてサングラス着用もおすすめします。
サングラスを使用しない場合、キャップやサンバイザーを着用して、目を守るように心がけましょう。

襟付きのシャツ

Tシャツやタンクトップはマナー違反です。ゴルフウェアとしては、襟付きのポロシャツやハイネックシャツを選ぶようにしましょう。また、寒い時期に関しては、重ね着しても動きやすいセーターやブルゾン、もしくはヒートテックを選ぶことをおすすめします。

ボトムス

ジーパンやカーゴパンツは作業着と認識される可能性が高いので、あまり好ましくありません。
男性はノータックやツータックなど動きやすいものを選びましょう。
女性はキュロットやスカートが定番になります。しかし、スカートを着用する時は丈の長さに注意してください。上品で清潔感のあるコーディネートに仕上げるためにも、丈の短いスカートは選ばないようにしましょう。

グローブ

グローブはゴルフクラブを握った時に滑らないようにする、または手にマメができないように保護する役目を果たしています。グローブ着用は絶対なものではありませんが、手の日焼けを防ぐために着用する方も多いです。着用する時は、ご自身の手のサイズに合うものを選ぶようにしましょう。

ゴルフシューズ

サッカーやテニスに専用シューズがあるように、ゴルフにもゴルフ専用のシューズがあります。
スイングを安定させるためには、やはり専用のゴルフシューズを揃えることをおすすめします。

当店は初心者の方におすすめの会員制ゴルフスクールです。国内では大阪、海外ではバンコクにスタジオを展開し、少人数制の高品質なゴルフレッスンを行っています。

インドアゴルフなので外の天候にも左右されませんし、年中快適な空間でプロのレッスンを受けることができます。会員制ゴルフスクールご入会のご案内、スクールの料金、レッスン体験のご予約に関しては、各ページよりご覧いただけますので、ご検討中の方は是非ご覧ください。

ページトップへ