商品紹介・製品レビュー

2016.3.11

ぶっ飛びヘッドを試打してみました

噂のヘッドGTDを試打してみました

いま巷で地クラブの中で一番飛ぶんではないかと噂になっているヘッド「GTD455」を試打してみました。

IMG_4306

地クラブでは珍しい可変式のヘッドで、ロフトを±1度変更する事ができます。

IMG_4308

今回組んだシャフトは当店イチオシのデラマックス 02H-48D-Sです。

 

IMG_4309

ボールは私が普段使っているSRIXON Z-スターXVです。

 

IMG_4318

マン振り!!

IMG_4319

計測の結果は?

計測結果&感想

普段自分のクラブで計測すると、ヘッドスピード50でボール初速は70~71です。
(今回は自分のクラブがなかったので比較データはないです。。。)

 

GTD455のデータ

IMG_4329

飛んでます!!

ボールスピード73は初めて出たかもしれないです。

ボールスピードが1変わると飛距離は5~7ヤード変わると言われていますので、普段よりも10ヤード以上は飛んでます。

飛ぶ事にも驚かされましたが、一番驚いたのは打感の柔らかさです。

私がゴルフを始めた頃はまだパーシモンヘッドの頃でしたので、パーシモンのような打感の柔らいヘッドが好きなんですが、飛ぶヘッドでこの打感の柔らかさはあまり無いと思います。

打感が柔らかいので音も金属音ではなく、グシャっと低い音。

飛んで、打感が良く、音も良い音!!

今度ラウンドで使ってみます。

当店でも取扱いを行いますので、プロショップVIVOにて近日アップいたします。
(現在メーカー欠品中ですので入荷は5月頃の予定です)

 

GTDについて

プロフェッショナルコーチ・クラブデザイナー、であるジョージ・武井氏が設計。

多くのツアープロやトップアマも使用しているブランドです。

ジョージ氏の長きに渡るコーチ経験で培った理論と、日本のゴルファーの悩みを解決するために設計された革新的なゴルフギアです。

この記事をシェアしよう!!
田中 健一
Author: 田中 健一
中学2年生でゴルフを始め、高校・大学と関西学院ゴルフ部で全国大会出場の経験を持つ。
大学卒業後フリーの研修生を経て、VIVO GOLF STUDIO店長として今まで1万人をレッスンをし、初心から上級者まで幅広く分かりやすいレッスンに定評があります。
ページトップへ